有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

あなたは本当に高血圧?~高齢者の高血圧|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

あなたは本当に高血圧?~高齢者の高血圧

2013年10月11日

kouketsuatsu2
前回述べたように、血圧とは血管にかかる血液の圧力のことです。運動の後や、緊張している場合は血圧が上がります。リラックスしてゆったりとした気分のとき、血圧は下がります。血圧は絶えず変動しているものなのです。

 

ですからまず大切なのは、普段の血圧を知ること。最近では、家庭での血圧測定も推奨されています。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄/文:星野美穂>

 

●「高齢者の高血圧」をすべて見る

 

正しい血圧は、何度も測って確認する

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、「収縮期血圧(最高血圧)140mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)で90mmHg以上」の場合、高血圧と診断されると書かれています。

 

ただし、血圧は絶えず変動しているものです。一回だけの測定で判断できるものではありません。特に高齢者の血圧は、変動の幅が大きいため、日を変えて繰り返し血圧を測定し、常に血圧が高いということを確認する必要があります。

 

 

ご存知ですか?「白衣高血圧」

ただ、病院や診療所で血圧を測ると緊張してしまい、本来の血圧よりも高い数値が出てしまう人もいます。

 

「白衣高血圧」という言葉を聞いたことがありますか?これは、普段の血圧は正常なのに、診察室で血圧を測ると、緊張などから血圧が高く出てしまう現象を指します。「白衣高血圧」の人は、自宅などでリラックスしているときに測るほうが、正しい血圧が測れると考えられます。

 

 

自宅で普段の血圧を確認

そのため、最近では家庭での血圧測定が注目されています。

 

さまざまな種類の家庭血圧計が販売されており、指先や手首で手軽に測ることができるタイプのものもありますが、正確性に欠けるという欠点があります。

 

血圧を測るときは、心臓と同じ高さの上腕で測ると安定した値が得られます。ですから、新しく家庭血圧計を購入する場合は、上腕で測るタイプの血圧計をお勧めします。

 

正しい血圧の測り方
●朝と夜、それぞれ少なくとも1回は測る。
●できるだけいつも同じ時刻に測る。
●服はまくりあげて、裸の二の腕にカフ(腕帯)を巻く。
●カフは肘関節にかからないように巻く。
●腕は机などに乗せ、心臓と二の腕が同じ高さになるようにする。必要があれば枕などで腕を支え、腕は前に伸ばして、二の腕の緊張を解く。
●測るときは利き腕と反対の腕で測る。
(参考:厚生労働省「高血圧ホームページ」)

 

 

血圧測定前には深呼吸でリラックス

深呼吸をすると、血圧が普段のものに近づくといわれています。深呼吸により緊張が解けてリラックスできるからです。医療機関で血圧を測る場合も、家で測る場合も、測定前に深呼吸することを心掛けましょう。

 

また、家で測定した結果は、主治医に伝えましょう。普段の血圧を主治医が知ることにより、より適切な治療を行うことができます。

 

 

●「高齢者の高血圧」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す