有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

認知症の人を介護するときの方法・利用できるサービス|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

6月20日

どうなる?一人暮らしの認知症ばーちゃんの今後~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

認知症の人を介護するときの方法・利用できるサービス

2013年9月17日

ojiisan_cat認知症の人を介護する場合、自宅で介護する方法と、ホームなど介護施設に預ける方法があります。あなたの家庭に合った介護方法を正しく選択していきましょう。
なお自宅で介護する場合も、家庭内だけで抱え込まず、外部の介護サービスを利用していくことが重要です。

 

自宅で介護する

一番経済的な介護方法です。
ですが、症状が重くなると、想像以上の労力が必要となります。認知症は記憶障害だけでなく、様々な行動障害、精神障害を引き起こすため、症状によっては目が離せない状態となりえます。
自身で介護される場合にはひとりで抱え込まず、必ず家族・親戚やお友達など周りの人に助けを求めたりできるような環境作りからはじめられることが大切です。

 

在宅介護サービスを利用する

在宅介護サービスとは、ホームヘルパーなどの専門員が要介護者等の自宅へ訪れ行う介護サービスなどを指します。
具体的には、ホームヘルプサービス、ショートステイ、デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリテーション)、訪問看護サービス、福祉用具サービス、住宅改修などをさします。住み慣れた自宅で暮らし、状況に応じたサービスを利用しましょう。

 

地域密着型サービスを利用する

地域密着型サービスとは、市区町村の監督のもと、住み慣れた自宅や地域で自立した生活が継続できるよう、個々の状況に応じて受けることのできるサポートサービスを指します。
具体的には、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、夜間対応型訪問介護、グループホーム、地域密着型特定施設入居者生活介護などがあります。

 

老人ホームなどの介護施設を利用する

家族が遠方に住んでいたり、同居していても働いていてなかなか面倒をみることができない場合などは介護施設が力になってくれます。
また、それまで在宅介護をしていたとしても、症状が重くなり介護の負担が重度になった場合などは、有料老人ホームを介護施設を利用することも検討してみましょう。

 
●こちらの記事も参考にしてください
→在宅医に聞く「認知症の人が受診を拒むとき」

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す