有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

高齢者のかかりやすい病気・疾患41 どんな病気?治療法は?家での対処?|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

妹が受けた、ばーちゃんからの洗礼!~漫画★孫娘のガチンコ介護

2月28日

妹が受けた、ばーちゃんからの洗礼!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

高齢者のかかりやすい病気・疾患41 どんな病気?治療法は?家での対処?

2017年1月5日

高齢になると、身体機能の低下などによって様々な病気・疾患にかかりやすくなります。では、どんな病気の種類があるのでしょうか? 高齢者がかかりやすい主な病気や疾患を、ご紹介します。

 

気になる病気や症状を選んでください。

<主な病気・疾患>

●高血圧  ●認知症  ●てんかん
●老人性うつ病  ●パーキンソン病  ●リウマチ
●変形性関節症(変形性膝関節症・変形性股関節症)  ●骨粗しょう症  ●肺炎
●脳梗塞
  ●狭心症・心筋梗塞  ●糖尿病
●がん(悪性腫瘍)  ●白内障  ●喘息(ぜんそく)  ●熱中症
●不眠症  ●疥癬・白癬  ●逆流性食道炎
●慢性閉塞性肺疾患(COPD)  ●風邪(かぜ)  ●ノロウイルス
●花粉症  ●帯状疱疹  ●やけど・熱傷

 

<主な症状>

●食欲不振  ●便秘  ●性器出血(婦人科系 疾患)
●排尿障害(頻尿・尿失禁…)  ●吐き気・嘔吐  ●発熱
●皮膚のかゆみ  ●冷え  ●脱水           
●失神  ●せき(咳)  ●歩行障害
●摂食・嚥下障害  ●むくみ  ●口腔トラブル
●めまい   

 

高血圧

fdeae8a0bca7122936aff065e3db079f血圧は年齢とともに上昇する傾向にあります。日本人では40~74歳の人のうち、男性は約6割、女性は約4割が高血圧だという調査結果があります。
ただし、高血圧は自覚症状が乏しいこともあって、健康診断などで高血圧を指摘されても放置されることが少なくありません。正しい血圧を知った上で、生活習慣の改善や薬の服用を行う必要があります。

 

●高血圧について、詳しくはこちら

 

認知症

obaasan_question2-252x300認知症は誰もがなる可能性があり、一度かかると長期のケアが必要になる病気です。
認知症には種類があります。全体の6割はアルツハイマー型認知症だと言われていますが、他にもレビー小体型認知症、ピック病、脳血管性認知症などがあります。

 

症状は病気の種類により多少単なりますが、多くの場合、同じ話を繰り返す、いつも歩いていた道なのに迷うなどの症状があらわれます。また、病気の種類や置かれている環境・性格などによって、徘徊、妄想、幻覚、被害妄想、暴言、暴力などが発生する場合があります。

 

認知症の人を介護する時には、家族の接し方が重要になります。また介護する家族は介護疲れを起こしやすいため、負担を軽減できるよう介護サービスを利用したり、地域や家族会などの支援を積極的に活用していくのがよいでしょう。

 

●認知症について、詳しくはこちら

 

●認知症の人を介護する家族へのサポートはこちら

 

●認知症の祖父母と暮らす孫のリアル介護奮闘マンガはこちら

 

てんかん

てんかんといえば、赤ちゃんのひきつけのような、子どもが発症することの多い病気というイメージがありますが、実は65歳以上の高齢者が発症することも多い病気です。100人に1~2人ぐらいの割合で患者がいるといわれます。
高齢者の場合は、脳血管障害や脳腫瘍、脳炎などの感染症のあとに発症することが多く、また発作も一般的なてんかんのイメージと違うため、見過ごしてしまうことも多いようです。

 

●てんかんについて、詳しくはこちら

 

老人性うつ病

老人性うつ病は様々な原因により発症しますが、環境の変化や寂しさ、配偶者の死といった喪失体験などが主な原因となります。
発症すると、一日中ぼんやりしている、急に怒りっぽくなった、被害妄想や自責の念が強く「早く死にたい」など口にするようになります。その他にも、不眠や食欲不振などといった症状も見られます。
また「何もしたくない」と無気力になったり、あるいは何をしたら良いのかという判断力が低下したりする症状から、認知症と間違われやすいため注意が必要です。

 

●老人性うつ病について、詳しくはこちら

 

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳内のドーパミンが減少することによって起こる神経の病気です。
ゆっくりと進行する病気で、動作がのろくなり表情も乏しくなります。何もしていない状態で手が震え、歩行開始時にすぐ歩き出せない、前傾前屈姿勢で加速しながら歩行するなどの症状が現れます。特定疾患にも指定されています。

 

※ドーパミンとは?・・・運動やホルモンの調節、意欲や快感などに関与する神経伝達物質です。ドーパミンが不足すると、運動機能に障害がでたり、集中力が低下し忘れっぽくなったり、あるいは無気力になったりします。一方でドーパミンが過剰になると、気持ちが高ぶって幻覚や妄想などがあらわれたりします。

 

リウマチ

e699ea8da21a096be6763a4ed42f16d9関節リウマチの主な症状は全身の関節の腫れ・痛みです。まだわかっていないことも多いのですが、早期に薬の治療を開始することで、痛みを緩和してQOL(生活の質)やADL(日常の生活動作)を良くすることが可能です。

 

●リウマチについて、詳しくはこちら

 

変形性関節症(変形性膝関節症・変形性股関節症)

関節も長年使っていると、軟骨がすり減り変形して、痛みを起こすことがあります。これが「変形性関節症」です。膝などの関節の痛みは、加齢とともに増加します。寒い季節になると、特に痛みを訴えられる方が増えるようです。

 

●変形性関節症について、詳しくはこちら

 

肺炎・誤嚥性肺炎

肺炎とは、肺に細菌やウイルスなどの病原性の微生物が入り込んで起こる急性の感染症です。平成23年度の調査では、日本人の死因の第3位が肺炎です。また、嚥下機能に障害がある場合は、誤嚥性肺炎を引きこしやすくなります。

 

●肺炎について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える誤嚥性肺炎予防の口腔ケアはこちら

 

脳梗塞

body_nou脳梗塞とは、脳の血管が詰まり酸素が不足することによって、脳の組織が壊死してしまう状態です。
症状は梗塞を起こした部位によって千差万別ですが、めまいがする、急に立ち上がれなくなる、ろれつがまわらないなどの症状が現れます。麻痺や言語障害、意識障害を起こすことも多く、介護が必要となるケースが多い病気です。

 

●脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血に代表される脳の病気の総称)について、詳しくはこちら

 

狭心症・心筋梗塞

body_shinzou_bad狭心症は、心筋に一時的に血液がいかなくなることで起きる状態です。
冠動脈が完全に詰まって血液が届かなくなると、その先の心筋が壊死してしまい心筋梗塞を引き起こします。狭心症は、胸痛、胸が締め付けられる、胸部圧迫感があるといった症状が数分間続き治まります。

 

しかし心筋梗塞になると、締めつけられるような痛みが激しくなり、30分以上続きます。また放散痛と呼ばれ、背中や左肩、歯などに痛みが現れることもあります。高齢になると痛みを感じにくくなり、また糖尿病を患っていると神経障害を起こし知覚が正常に機能しない場合があります。そのため、胸の痛み以外の症状、動機やめまい、吐気や嘔吐などにも注意する必要があります。

 

●心筋梗塞について、詳しくはこちら

 

糖尿病

糖尿病は、ホルモンの働きが不足することなどにより血糖値が高くなる病気です。
普段の自覚症状はほとんどありませんが、血糖値が高くなると、口の渇きや多飲、多尿などの症状が出てきます。他にも手足の末端がしびれる、全身がだるいといった症状や、感染症を起こしやすくなります。また、低血糖症状にも注意が必要です。

 

●糖尿病について、詳しくはこちら

 

がん(悪性腫瘍)

がんには、大腸がん、食道がん、胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん、リンパ性白血病など様々あります。
がんの症状は、息苦しさや疼痛など部位によって異なります。抗がん剤治療による吐気や嘔吐などの副作用も辛く、免疫力低下によって肺炎などの感染症にかかりやすくなります。またベッド上で過ごすことが多くなると、筋力低下や床ずれなどを起こしやすくなります。身体的な症状にばかり意識がいきがちですが、精神的なサポートも重要です。

 

白内障

水晶体が混濁し、視力の低下などを引き起こす病気です。
一般的な治療は手術になりますが、初期では点眼による治療を行う場合もあります。「よく見える」ということは生活の質を大きく向上させることになりますので、早めに受診するようにしましょう。

 

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨形成と骨吸収のバランスが崩れることによって起こります。
閉経後の女性に多く見られる症状です。骨折をしやすくなるだけでなく、骨の変形や痛みといった症状もでてきます。

 

●骨折について、詳しくはこちら

 

床ずれ(褥瘡)

床ずれは、寝たきりなど長時間同じ姿勢でいることによって引き起こされます。
床ずれを予防するには、こまめに身体の向きを変え、皮膚の清潔を保つ、栄養状態に気をつけるなどが大切です。もし床ずれができてしまったら、家族だけで解決しようとせずケアマネジャーや看護師などに相談し、医師に診察してもらうようにしましょう。

 

●床ずれ(褥瘡)について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える褥瘡予防法はこちら

 

不眠症

高齢者は若いころに比べると睡眠を必要とする時間が少なくなります。これは年をとることによるからだの生理的な変化によるものです。「眠れなくなった」ことを必要以上に気にする必要はありませんが、「眠れない」原因として病気が隠れていることがあります。

 

●不眠症について、詳しくはこちら

 

便秘

virus_benpi高齢になり、また介護が必要になった場合は特に、便通の問題は大きくクローズアップされます。介護者にとっても排泄の悩みは何より大きいものです。いつまでもすっきりした日々を送るために、高齢者の便秘について正しい知識を経ておきましょう。

 

●便秘について、詳しくはこちら

 

●便秘と下痢を繰り返す際の、排便コントロールについてはこちら

 

性器出血(婦人科系疾患)

ずいぶん前に閉経したはずなのに、下着やおむつに血液が…実は、閉経後の女性でも、性器から出血することは少なくありません。
ただし、老年期での出血は、思春期から更年期にかけての出血とは原因が異なります。高齢の女性で起こる性器出血について、その原因や対処法をまとめました。

 

●性器出血(婦人科系疾患)について、詳しくはこちら

 

排尿障害(頻尿・尿失禁…)

「トイレに間に合わない」、「夜中に何度もトイレで起こされる」、「失禁があるのにオムツを嫌がる」など、排尿に関する悩みは多岐にわたります。一般的に、加齢に伴い膀胱が小さくなり弾力性も衰えることから、高齢になると排尿の障害が起こることが増えてきます。一方、「年のせい」だけでなく、排尿の障害のかげに病気が隠れていることもあります。

 

●排尿障害(頻尿・尿失禁…)について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える失禁の対処、排泄介助の方法はこちら

 

歩行障害

足腰が弱るのは老化現象だからしかたがない、と考えがちですが、隠れた疾患がある場合もあります。高齢者が歩きたがらなくなるには、さまざまな原因があります。高齢者の歩行の特徴とともに、歩行障害を起こす原因や代表的な病気・疾患を知っておきましょう。

 

●歩行障害について、詳しくはこちら

 

●歩行障害では、杖やシルバーカーも活用して。歩行補助用具の種類はこちら

 

摂食・嚥下障害

食事中のむせ、喉のつまり、食べられないなど、高齢者に起こる「嚥下障害」や「摂食障害」。嚥下機能とは、口に入れた食物を咀嚼(そしゃく:かみくだくこと)して、飲み込み、胃に送り込む機能。最近ではより広く、「食べ物を認識して口に運び、口に入れて咀嚼して飲み込む」までを「摂食・嚥下」といい、それが正常に機能しなくなった状態を「摂食・嚥下障害」と呼んでいます。
その原因や家でできる対処法をご紹介します。

 

●摂食・嚥下障害について、詳しくはこちら

 

喘息(ぜんそく)

roujin_museru_seki喘息は重症になると死亡することもある怖い病気です。高齢者の喘息が増加の一途をたどっている一方で、疾患や薬の理解不足から治療が放置されたり、きちんとコントロールされていないことも多いようです。病気をきちんと理解し、正しい治療を行いましょう。

 

●喘息(ぜんそく)について、詳しくはこちら

 

熱中症

熱中症は、日中や戸外での運動中に起きると思われがちですが、室内や夜間でも起き、時に命にかかわります。また熱中症の死者の多くは高齢者です。正しい知識と対象法を知っておく必要があります。

 

●熱中症について、詳しくはこちら

 

疥癬・白癬

高齢者は、皮膚のバリア機能が衰え、全身の免疫機能も下がるため、皮膚の感染症にかかりやすくなっています。感染が問題となることのある皮膚の感染症、疥癬(かいせん)と白癬(はくせん)について知っておきましょう。

 

●疥癬・白癬について、詳しくはこちら

 

逆流性食道炎

特に食べ過ぎてもいないのに頻繁に胸やけが起きたり、日常の食欲に影響したり、不快感が強い場合、逆流性食道炎である可能性があります。高齢者の場合は、食欲や、嚥下にかかわる症状は重要です。正しく理解しておきましょう。

 

●逆流性食道炎について、詳しくはこちら

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPD1タバコは多くの病気の原因となりますが、特にはっきりと因果関係がわかっている病気に慢性閉塞性肺疾患(COPD=chronic obstructive pulmonary disease)があります。別名を「タバコ病」とも呼ばれ、高齢者のQOL(生活の質)を著しく下げ、命にかかわります。

 

●慢性閉塞性肺疾患(COPD)について、詳しくはこちら

 

風邪(かぜ)

高齢者は、軽いかぜでもADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)を大きく下げてしまい、他の重篤な疾患の引き金になることもある、まさに「万病のもと」。知っているようで知らない、かぜについて正しい理解が必要です。

 

●風邪(かぜ)について、詳しくはこちら

 

 

ノロウイルス

ノロウイルスによる胃腸炎は、1年を通して発生していますが、例年冬頃が発生のピークとなります。おう吐、下痢、腹痛などつらい症状を引き起こすノロウイルス感染症について確認しましょう。

 

●ノロウイルスについて、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える感染症対策はこちら

 

花粉症

花粉症になると鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどに悩まされます。高齢者は重症化させないために、早めに対処しましょう。

 

●花粉症について、詳しくはこちら

 

帯状疱疹

激しい痛みを伴い、身体や顔などに帯状に赤いプツプツができる帯状疱疹。治療が遅れると症状が悪化するばかりか、治ったあとにも長い期間痛みが残る場合があります。

 

●帯状疱疹について、詳しくはこちら

 

食欲不振

高齢者が食欲をなくすと、「もう年だから仕方ない」と思われがちですが、本当に「年のせい」でしょうか。特に認知症を持つ方の場合、他に不調があるのに訴えられず、結果的に食欲が落ちていることもあります。家族も気づきにくい、高齢者の食欲不振の原因に迫ります。

 

●食欲不振について、詳しくはこちら

 

吐き気・嘔吐

hakikeouto1嘔気(吐き気)・嘔吐は、胃腸の病気だけでなく、さまざまな病気の症状としてあらわれることがあります。また、車酔いや薬の副作用(とくに抗がん剤)などでも、発症することがあります。高齢者の場合は、嘔気・嘔吐で消耗してしまうことや、誤嚥することも、若い人より可能性が高く、注意が必要です。

 

●吐き気・嘔吐について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える嘔吐したときの対処法はこちら

 

発熱

介護を受けるお年寄りが熱でつらそうな様子になると、介護者としては心配であわててしまいがちです。でも、発熱には発生する原因やメカニズムがあり、あわてて病院に駆け込むことが高齢者ののためにならない場合もあります。発熱の原因や対処について知っておきましょう。

 

●発熱について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える発熱時の対処法はこちら

 

皮膚のかゆみ

20141107高齢者の皮膚は、薄くて乾燥しやすいため、かゆみを起こしやすくなっています。「かゆみなんていつものこと」と放っておくと、単なる乾燥から湿疹にまで悪化してしまい、治るまでに時間がかかることもあります。

 

●皮膚のかゆみについて、詳しくはこちら

 

冷え

高齢になると「冷え」を訴える人が多くなります。「冷え」は不眠や頭痛、肩こり、関節痛などを引き起こすだけではなく、免疫も落とすといわれています。また寒いと動くのがおっくうになり、できるだけ動かない生活を送っているうちに、「動けなく」なってしまうこともあります。

 

●冷えについて、詳しくはこちら

 

失神

加齢による身体機能の低下や高血圧、糖尿病などの疾患があること、またその治療薬の影響により、高齢者は特に失神発作を起こしやすくなっています。目の前の人が急に倒れても慌てないための、失神発作の知識をまとめました。

 

●失神について、詳しくはこちら

 

咳(せき)

咳は、鼻や口から呼吸とともに入ってくる異物(埃や病原体)などを体外に排出する大事な生理的な働きです。しかし、咳が続くと苦しく、体力も消耗します。高齢者であれば、とくに咳には気を付ける必要があります。

 

●咳(せき)について、詳しくはこちら

 

やけど・熱傷

高齢者の場合、皮膚が薄く熱が伝わりやすいため、やけどが深部にまで及ぶことが少なくありません。全身への影響も大きく、健康な人と同程度のやけどでも、高齢者はより重症になる傾向があります。低温やけどにも注意が必要です。

 

●やけど・熱傷について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教えるやけどの時の対処法はこちら

 

脱水

byoki1

高齢者は、脱水症状を起こしやすい傾向があります。夏場の熱中症などでの脱水はもちろんのこと、乾燥する冬も脱水を起こしやすく、一年を通して気を付ける必要があります。

 

●脱水について、詳しくはこちら

 

●介護福祉士が教える脱水の時の対処法はこちら

 

むくみ

靴が入らなくなったり、起立や歩行が困難になることもある高齢者のむくみ。その原因や、なんとか楽にしてあげたいむくみのケア方法をさぐります。

 

●むくみについて、詳しくはこちら

 

口腔トラブル

高齢になると、むし歯や歯周病にかかりやすくなるばかりでなく、しっかり食物が噛めないことから低栄養に陥ることがあります。また、あごをしっかり動かせないと、脳への刺激が低下し認知機能に影響するといわれています。

 

●口腔トラブルについて、詳しくはこちら

 

めまい

byoki1

めまいは、身体のバランスを保つ機能に障害が起こると生じる症状です。耳の障害が原因で起こるめまい、脳の障害が原因で起こるめまいなど、さまざまなものがあり、高齢者は特にめまいを起こしやすくなります。めまいがあると、転倒するリスクが高まる一方、その原因として重大な疾患が隠れている可能性もあります。

 

●めまいについて、詳しくはこちら

関連する記事
【2015/09/08】桑田 武
介護の事を詳しく知りたい。
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す