有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

認知症~「徘徊」と「物盗られ妄想」|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

認知症~「徘徊」と「物盗られ妄想」

2011年11月11日

あてもなく歩き回ったり、道に迷ったりする「徘徊」は認知症で現れる代表的な症状のひとつ。
目隠しのまま知らない場所に連れて行かれ、一人きりにされれば、健常者でも戸惑い、うろたえるはずです。徘徊する患者さんは、いつもそのような状態に置かれていると考えてください。だから、自分の居場所を求めて、さ迷い歩くのです。慣れないところばかりでなく、行きつけの場所や散歩の途中で迷子になることも珍しくありません。

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る

 

胸に輝く私の名札

迷子を防ぐには、他のことに関心が向くように声をかけて外出を思い止まらせることです。
鍵をかけて外に出られないようにする方法もありますが、無理に閉じ込めるのは逆効果。
時間を決めて一緒に散歩をするとよいでしょう。名前と住所、連絡先を書いた名札を衣服に縫い付けておくと、迷子になったときに助かります。患者さんが外に出ようとしたとき、感情的になって「出ちゃだめ!」「早く入って!」と頭ごなしに叱るのはNGです。

 

「一緒に探そうね」の心構え

「徘徊」と並んで認知症の患者さんに多くみられるのは、財布や通帳などが盗まれたと騒ぎ立てる「物盗られ妄想」です。
原因のほとんどは本人のしまい忘れや勘違いですが、熱心に介護している人ほど疑われるのでやり切れません。しかし、たとえ疑われたとしても、興奮して言い返すのは禁物。むしろ「一緒に探そうね」という態度を示すことが大切です。ありかの見当がつくときは、うまく誘導して本人に見つけさせるようにしましょう。

 

まずは言い分に耳を傾けて

この症状が厄介なのは学習効果が薄いこと。たとえ見つかっても、自分でなくしたという記憶がないので「誰かが盗った」という妄想がふくらむのです。ですから、いくら言葉で言っても効きません。
大切なのは患者さんの訴えを否定したり、訂正したりしないこと。まずは本人の言い分に耳を傾けましょう。「私が盗るわけないでしょ!」「自分で隠したんでしょ?」「しまい忘れたんじゃないの?」といった種類の言葉を使うのはタブーです。
●こちらの記事も参考にしてください
→在宅医に聞く「認知症の人が受診を拒むとき」

 

●「高齢者の認知症」をすべて見る
●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す