有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

インフルエンザの予防接種(65歳以上の方)~高齢者のインフルエンザ|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

インフルエンザの予防接種(65歳以上の方)~高齢者のインフルエンザ

2016年1月1日

新年を迎えましたが、まだまだ寒くて乾燥した季節が続きます。インフルエンザも流行期を迎えました。高齢者はインフルエンザにかかると重症化しやすく、またインフルエンザにかかった後に肺炎を併発することもあり、いっそうの注意が必要です。予防の核となるインフルエンザの予防接種についてお伝えします。
<監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄/文:椎崎亮子>

 

予防接種は高齢者が対象

byouki_oldmanあまり知られていないことですが、インフルエンザの予防接種は、そもそも高齢の方を対象としています。予防接種法施行令では、65歳以上の人と、60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)による免疫機能に障害を持っている人(いずれも、希望者のみ)が対象となっています。

 

多くの自治体で対象者が予防接種を希望する場合は、費用の割引や、生活保護世帯では費用の免除なども行っています。各自治体の保健所・医療機関に問い合わせをしてみてください。

 

なお、高齢者のいる家族などは、予防接種の優先順位は下がりますが、主治医に相談してみてください。ご家族ぐるみで予防接種を受けることで、高齢者への感染の可能性を下げることができます。

 

 

予防接種はいつ・何回打つもの?

インフルエンザワクチンは、その年に流行しそうな型に合わせて、毎年違う型のものが製造されています。そのため、予防にはワクチン接種を毎年行う必要があります。10月1日からその年の予防接種が開始されます。
昨シーズンまでのワクチンは、A型2種類とB型1種類(合計3種類)が含まれたものでした。しかし今シーズンからは、A型2種類とB型2種類(合計4種類)が含まれたワクチンに変わりました。含まれるウイルスの種類が増えたため、より幅広く対応できますが、その分料金は500円ほど高くなっています。

 

ワクチンは、接種後2週間ほどで効力を発揮し、その後5カ月程度効力が続きます。そのため、65歳以上では、1回の接種で良いとされています。2回接種は13歳以下の子どもに推奨されていますが、希望すればだれでも2回目も打ってもらえます。ただし、割引などは適用外とされることが多いようです。

 

インフルエンザが猛威をふるい始めてから接種するのでは、効力を発揮するまでの間に感染してしまうことが考えられます。できればシーズンの早めに打つほうがよいようです。

 

 

予防接種の注意点

iryou_chusyaki卵のアレルギーのある方は、接種前に必ず医師に申し出てください。ワクチン接種後、注射した部位の赤み、腫れなどがおきる場合があります。また、発熱や頭痛が見られる場合もありますので、これらの症状が出た場合は、接種した医療機関に申し出てください。

 

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、インフルエンザウイルスから病原性を取り除いてありますので、ワクチンによってインフルエンザにかかる心配はありません。ただし、効力が出る前にほかで感染している場合がありますので、ワクチンの副反応との鑑別が必要です。

 

 

手洗い・うがい・咳エチケットが予防の基本

ワクチン接種も大事ですが、普段の手洗い・うがい、マスク着用などの咳エチケットが、流行を食い止めるためには大切です。ご家族ぐるみで感染症予防に取り組むのが理想です。高齢者施設などを利用している場合は、集団感染もありえます。施設の担当者に、施設での予防対策をあらかじめよく聞いておくことも、予防の一環となるでしょう。

 

 

【参考】
厚生労働省 平成24年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

厚生労働省 インフルエンザQ&A

 

●「高齢者のかかりやすい病気・疾患」の一覧を見る
●「在宅医 ドクター上條に聞く」のコーナーをすべて見る

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

高齢者の病気

高齢者のケガ

高齢者のかかりやすい主な病気

<症状別>病気との付き合い方

高齢者に起こりやすい事故

在宅医 ドクター上條に聞く

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す