有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

杖歩行/杖を使った歩き方・2動作歩行~写真でわかる高齢者介護|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

杖歩行/杖を使った歩き方・2動作歩行~写真でわかる高齢者介護

2017年10月18日

在宅介護に役立つ介助方法・介助技術を介護のプロがご紹介。安全で、介助する側にも負担の少ない介助動作のポイントを流れにそってご紹介します。
今回は、「杖を使った歩き方(2動作歩行)」です。

 

杖を使って歩くには大きく分けて「2動作歩行」と「3動作歩行」の2種類があります。今回は2動作歩行について説明します。

 

「2動作歩行」と「3動作歩行」のどちらが適しているのか?

2動作歩行は、通常の歩行をするときの“片足の動きにあわせて杖も動かす”イメージ。つまり、通常のリズムで歩く時の補助的な役割といえます。
3動作歩行は、通常の2足の歩行に加え、“杖も1本の足として3歩で歩く”イメージです。

 

2動作歩行は、歩くスピードが速い反面、杖と足を出す際、動く足一点で身体を支えるため3動作歩行に比べて不安定になりがちです。
2動作歩行でリズミカルにバランスを崩さず歩けるのであれば、歩行速度の速くなる2動作歩行の方がおすすめです。それが出来ない人は3動作歩行が良いでしょう。
高齢者の身体の状態によって2動作歩行と3動作歩行のどちらが適しているか異なるため、自分で判断せずに専門家に相談しましょう。

 

【1】杖と麻痺している足を同時に出す

杖を、足が動くほうの手で持ちましょう。そして、杖と麻痺している足を同時に前に出しましょう。
2

 

【2】動くほうの足を出す

動くほうの足を出して、麻痺している足にそろえましょう。
3

 

2動作歩行が不安定なら、3動作歩行の方が適しているかもしれません。専門家に相談してみましょう。

 

「3動作歩行」につてはこちら
→ 杖歩行/杖を使った歩き方・3動作歩行

 

こちらのページも参考にしてください。

 

→ ガニ股、背中が丸まる…「高齢者の歩き方」はどう変わる?

→ 歩行が不安でも、引きこもらないで!歩行補助用具

→ 松葉杖から折りたたみ杖まで~杖の種類いろいろ

 

●「写真でわかる移乗・移動介助」のすべての記事はこちら
●「写真でわかる介護の技術」のすべての記事はこちら

 

<協力・カイゴ大学>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す