有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

一人で着替え/片麻痺の人がかぶり服を着る方法~写真でわかる高齢者介護|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

一人で着替え/片麻痺の人がかぶり服を着る方法~写真でわかる高齢者介護

2017年10月11日

在宅介護に役立つ介助方法・介助技術を介護のプロがご紹介。安全で、介助する側にも負担の少ない介助動作のポイントを流れにそってご紹介します。
今回は理学療法士が考えた「片麻痺の人が座って一人でかぶり型の服を着る方法」です。

 

【1】麻痺している腕に袖を通す

麻痺している腕に通す袖をまくり、小さくまとめましょう。そして、動くほうの手で麻痺している腕に袖を通し、しっかり肩まで伸ばしましょう。
これにより、次の動作で頭を洋服に通しやすくなります。
1

 

【2】首周りを広げ、頭を通す

襟を持ち、洋服の首周りを広げましょう。そして、うつむき、広げた襟に頭を通しましょう。
2

 

【3】動くほうの腕に袖を通す

もう片方の袖に、動くほうの腕を通しましょう。このとき、腕を上げるとスムーズに袖を通せます。
3

 

【4】洋服の裾を下げ、整える

まくれあがっている洋服の裾を下げ、整えたら終了です。
4

 

●他にも片麻痺の方向けの「介護技術」をご紹介しています
→ 一人でできる着替え/片麻痺の人がズボンをはく

→ 食事介助/片麻痺の人の誤嚥を防ぐ介助の工夫

→ 一人でできる移乗/片麻痺の人がベッドから車椅子へ

 

●「写真でわかる移乗・移動介助」のすべての記事はこちら
●「写真でわかる介護の技術」のすべての記事はこちら

 

<協力・カイゴ大学>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す