有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

起き上がり介助/将来一人で起き上がりたい人向け~写真でわかる高齢者介護|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

4月25日

とある日のじーちゃんとの思い出~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

起き上がり介助/将来一人で起き上がりたい人向け~写真でわかる高齢者介護

2017年2月22日

在宅介護に役立つ介助方法・介助技術を介護のプロがご紹介。安全で、介助する側にも負担の少ない介助動作のポイントを流れにそってご紹介します。
今回は理学療法士が教える「2段階に分けて起き上がる介助方法」です。高齢者の自立支援につながります。

 

【1】横を向いてもらう

ベッドの上で高齢者に自分の力で横を向いてもらいましょう。
1

 

【2】ベッドの端に両足を下ろしてもらう

高齢者にベッドの端に両足を下ろしてもらいましょう。
2_1

 

【3】片ひじをついてもらう

介助者は中腰になり、高齢者の首の下に手を通してもう片方の手は肩に添えましょう。そして、まず起き上がりの第1段階として、横になっている高齢者を起こして、片ひじをついた状態になってもらいましょう。
3_1

 

【4】腰掛けた状態になってもらう

次に第2段階として、高齢者の身体を片ひじをついた状態から、ベッドに腰掛けた状態にゆっくり起こしましょう。
4_1

 

【5】ベッドから起き上がってもらう

高齢者が起き上がり、ベッドに腰掛けている状態になったら終了です。
5

 

自分一人で起き上がれるようになりたい高齢者にお勧めです。

 

無題1
本来、片ひじをついて起き上がる方法は、健常な人が行う起き上がり方です。
介助が必要な高齢者が、その動きを意識して起き上がることにより、自立支援につながります。
また、2段階に分けて起き上がることで、その工程を一つずつ学んでいくことが出来ます。
いずれ自分一人で起き上がれるようになりたい高齢者にお勧めの介助方法です。

 

◆次回は「椅子を使って床から立ち上がる介助方法」をご紹介します。

 
●「写真でわかる移乗・移動介助」のすべての記事はこちら
●「写真でわかる介護の技術」のすべての記事はこちら
 

<協力・カイゴ大学>

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内
この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す