有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

耳あな型は、つけているのを忘れる装着感が魅力|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

耳あな型は、つけているのを忘れる装着感が魅力

2016年12月14日

第1回で耳の聴こえやメカニズムについて学び、第2回では補聴器の種類について知りました。さあ、それではいよいよ、製品をチェックしてみましょう。
今回は、小さな耳あな型の2点を同時に試してみることに。福祉用具専門相談員や、高齢者と日頃から接しているケアマネジャーの2人のコメント、とても参考になります。

協力:オムロンヘルスケア「イヤメイト」

 

形は似ていてもデジタルかアナログかで大きく違う

アナログタイプのAK-04を試しているMさん

アナログタイプのAK-04を試しているMさん

今回、使ってみて比較検討するのは、オムロンのイヤメイトAK-04とAK-05です。
ほとんど同じ形で、どちらも軽度難聴者用。

AK-04のほうはアナログ、AK-05はデジタルタイプになります。

 

さっそく3人で試してみました。

 

 

 

 

福祉用具専門相談員Mさんは、
「実は、私が勤務する店舗では取り扱いがないので、補聴器についてはうといんです……」
と、ちょっと心配顔。

けれど、テキパキと取扱説明書を読み、さっと使ってしまうのは、さすが専門相談員!
「なるほど! 使いやすいですね。もっとガサガサと雑音が入るかと思ったんですけれど、すごくクリアに聴こえます」

 

AK

耳にすっぽりとおさまり、目立ちません

「まず、この小ささに驚きますね!」とケアマネジャーのHさん。
耳穴にすっぽりと入り、肌色に近い色のせいか、していることがほとんどわからないほどです。

 

「いかにも補聴器!とわかってしまうのがイヤな人にとっては、この小ささと色は大きなメリットですね」
と、福祉用具専門相談員のMさん。

 

 

耳に入れて音を聞くと、「確かに、デジタルのAK-05のほうが音がクリアな気がします」と、Hさん。
しかし、自らも幼い頃から少し難聴気味で、ポケットタイプを使っているIさんは、
「私自身は、想像していたほど差は感じません。AK-04のほうでもいいかな、と思っています。だって、AK-04は価格がAK-05のちょうど半分でしょう? 2万5000円ならお手頃だと思います」

 

補聴器は片耳だけに入れている人もいますが、本来、両耳に入れたほうが左右のバランスもよく、おすすめです。両耳に入れても5万円ですむので、手軽ですね。

 

「デザイン的にも優れていると思います。どちらも耳あかで汚れる心配がないように、イヤチップがついているのがいいですね。清潔感も感じます」と、Mさん。

 

「装着すると自然で、しばらくつけていると、付けていることを忘れます」とHさん。
みなさん、気に入ったようです。

 

デジタルとアナログ、それぞれの特徴は?

では、そもそもデジタルとアナログはどう違うのでしょうか?

 

補聴器は、マイクロホンで音を集めて、アンプで音を増幅し、スピーカー(レシーバー)で音を発生させます。耳あな式のあの小さな補聴器にも、この機能が全て入っているのですから、すごいですね。

 

音響機器のような補聴器、昨今の流れとともに、デジタルのものが増えています。

 

デジタル補聴器には、マイクロプロセッサが内臓されています。補聴器に入った音はデジタル信号に変換され、マイクロプロセッサで分析されて、ひとりひとりの「聴こえ」に適した音に調整できるようになっています。分析された音はまたアナログの音に戻されます。

 

デジタルでは以下のようなメリットがあります。

 

●騒音の中でも会話が明瞭
ザワザワする中で、人の声などを聴き分けるのが苦手、という方が多いですが、音声と騒音を判別して騒音を抑えられるので、会話を聴きやすく強調することができます。

 

●電話の際に起こりやすいピーピー音を抑える
電話で通話するときにハウリングしてピーッ!という音が鳴るから「補聴器が苦手」という方もいます。けれど、デジタルなら、このハウリングを抑えることができます。

 

3-2

ケースも手のひらにすっぽり収まりコンパクト。イヤチップはS、M、Lの3つあり、耳穴の大きさに合わせて選べます。

 

「イヤメイトデジタルAK-05」メーカー希望小売価格5万円(非課税)

「イヤメイトデジタルAK-05」

「イヤメイトAK-04」メーカー希望小売価格2万5000円(非課税)

「イヤメイトAK-04」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左はAK-04のケース。右はAK-05。黒のケースがシック

左はAK-04のケース。右はAK-05。黒のケースがシック

 

 

次回は、『ポケット型補聴器』について詳しくご紹介します。

 

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

介護用品を準備する

いろいろある!介護便利グッズ

家をリフォームする

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す