有料老人ホーム・介護施設の資料請求ならオアシスナビ

広告掲載をご検討の方

オアシスナビ×ハートページ

介護保険で安くレンタル・購入ができる!介護用品は、賢く準備しよう|オアシスナビ 介護の知恵袋では、お役立ち情報を毎日配信!

目的別に記事を探す

連載スタート!認知症★ドタバタ介護日記

W認知症・じーちゃんばーちゃんと暮らす、ゆず子の介護奮闘記!

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

7月25日

【最終回】ゆずこ家の介護はまだまだ続く!~漫画★孫娘のガチンコ介護

→続きはこちら

介護保険で安くレンタル・購入ができる!介護用品は、賢く準備しよう

2016年7月1日

利用することで、介護する方もされる方もラクになる介護用品。
さまざまな種類のものがあり、品目によっては、介護保険で安くレンタルや購入ができます。

 

安くレンタルできる介護用品

12261602_50daa0fbae82f_3001.車イス
2.車イス付属品
3.特殊寝台
4.特殊寝台付属台
5.床ずれ防止用具
6.体位変換機
7.手すり
8.スロープ
9.歩行器
10.歩行補助つえ(松葉杖、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチ及び多点杖に限る)
11.認知症老人徘徊感知機器
12.移動用リフト
13.自動排泄処理装置

 

上記の13品目が介護保険対象です。『福祉用具』と呼ばれ、要介護認定されている場合は、安くレンタル利用できます。
たとえば、歩行器や手すりであれば、それぞれ安価でレンタル可能。
ただし、要支援からすぐに利用できるもの、要介護2以上になると利用できるもの、など要介護度によって利用できる範囲が変わります。福祉用具専門相談員に相談してみましょう。
(福祉用具のレンタルを行っている事業所には、必ず福祉用具専門相談員がいます)

 

上記の福祉用具のレンタル費用・選び方などは、こちらで詳しくご紹介しています

 

自己負担1~2割で、安く購入できる介護用品


c10154-01_3001.腰掛け便座
2.自動排泄処理装置の交換可能部品
3.入浴補助用具
4.簡易浴槽
5.移動用リフトのつり具部分

 

上記の5品目が介護保険対象です。『特定福祉用具』と呼ばれ、要介護認定されている場合は販売価格の1~2割負担で購入できます。
ただし、介護保険を使える金額は年間10万円(毎年4月1日から翌年3月31日)と上限が決まっています。
10万円を超えた場合は、超えた分は全額自己負担となります。
上限に満たなかった金額を翌年に繰り越すことはできません。

 

上記の特定福祉用具を介護保険の給付を受けて購入する場合は、都道府県の指定を受けた指定事業者から購入する必要があります。
指定事業者は地域包括支援センターやケアマネジャーに確認しましょう。

 

なお、上記の特定福祉用具は通販でも、自己負担1~2割で購入できる場合があります。
ただし市区町村によっては、通信販売を指定事業者の対象外にしているケースもあるので、あらかじめケアマネジャーなどにご確認ください。

 

介護保険対象外の介護用品

いままでに出てこなかった介護用品は、介護保険対象ではありません。どこで借りても、どこで買っても全額自己負担となります。主なものに、下記があります。

c10593-01_300
・紙オムツ
・介護食
・シューズ
・杖
(1本のステッキタイプのものや、おりたたみタイプなど)
・シルバーカー(シルバーカーや歩行車は、持ち手の形などにより歩行器とみなされ、レンタルの1~2割負担対象になるものもあります)
・握力が弱った人への便利グッズ
・リハビリや健康のためのエクササイズ用品

 

●オムツ代の節約方法はこちらを参考にしてください。
「おむつ代を節約する方法ってありますか?」~介護のお金・介護保険Q&A
「紙おむつ代がバカにならない!」~介護のお金・介護保険Q&A

 

レンタルか購入、どちらがよいか?

どちらにもメリット、デメリットがありますから、それを理解した上で、うまく使い分けるのが賢い方法です。

 

レンタルの場合

<メリット>
・初期費用がかからず、高額なものでも安く使うことができる
・身体の状態に合わせて、使用する商品を気軽に変更できる
・レンタル事業者が、設置を行い定期的にメンテナンスもしてくれる

 

<デメリット>
・商品の種類やデザインが少ない
・誰かが使っていた商品である(ただし、使用する最初の1人目になる場合もある)
・いつか返却する商品なので丁寧に扱う必要がある
・介護保険の手続きなどが少し面倒

 

なお、レンタルの契約をする場合には必ず規約を確認してください。契約期間や故障の対応などは、会社によって異なります。確認の上で、契約書にサインをしてください。

 

購入の場合

<メリット>
・必ず新品を使うことができる
・商品の種類、デザインなどが豊富である
・自分のものなので、傷や汚れも気にせずにいられる
・通信販売の場合、自宅で好きな時間に簡単に注文ができる

 

<デメリット>
・初期費用が高い(ただし、長く使う場合はレンタルより割安になることもある)
・メンテナンスはないので、自己管理しなくてはならない
・設置や使い方が複雑な商品は、自分で設置したり理解するのが大変(設置料金などを別途払えば、頼める場合も多い)

関連する記事
コメントを書く
ユーザー名:40文字以内
コメント:200文字以内

テーマで記事を探す

介護用品を準備する

いろいろある!介護便利グッズ

家をリフォームする

この条件で検索

このページのトップに戻る

都道府県から老人ホームを探す